家出少女の実態

ha-to毎日、多くの人々が家出して路頭に迷っています。10代少女から50代女性まで。聞くと彼女たちにはさまざまな事情があります。「日頃から遊び歩いてて家に帰ったら怒られるからイヤ」と、本当に家出する必要はあったのかと唸る理由から、火事で家がなくなり住むところがなくなったなど「そりゃ仕方ないね」と思うものまでさまざまです。どんな理由があろうと「泊めて欲しい!」という需要と「泊まってもいいよ!」という供給があれば、支援は成り立ちます。家出サイトを使えば、それらのやり取りが今すぐにでも可能です。 ですが未成年のお泊りには、泊める側も十分な警戒が必要でしょう。本人がいくら嘘をついても、大人ぶった化粧をしていても、未成年には隠しきれない特徴が浮き出るものです。保護者の許可のない未成年の宿泊は、褒められたものではありません。家出サイトには、こうした未成年の神さま募集も多くあります。本来なら、警察に突き出されてもおかしくない未成年。「未成年を路上に寝かすのも危険だし、一晩だけでも・・・ね?」という神さまを渡り歩くのが、家出少女の実態のようです。

お小遣い稼ぎなら援助交際すればよかった時代

pinnku援助交際はかつてほど賑わいを見せ無くなって来ましたが、単に援助交際相手を見つける手段が分散化されていったにすぎないのかもしれません。 1980年代は、口コミを中心とした少女売春組織を使って売春の斡旋が行われていました。そのうちに、テレクラに流行の兆しが見え始め、あっという間に個人で相手を見つける少女が増えていきました。 個人でやれば、交渉額をまるっと貰えるわけですから割りがいいのです。 1990年代にはポケベルが連絡手段に大活躍でした。そして、携帯電話の登場です。 携帯電話は発売当初は今のようにコンパクトではなかったので、女子高生が当たり前の様に携帯するようになるのはもう少し先です。 しかし、携帯電話が一人一台の時代はあっという間にきました。 持っていないと友達関係にも亀裂が入る勢いです。 携帯電話がインターネットに繋がるようになった現在では、出会いの質も変わって来ました。 ネット上には出会い系サイトが乱立し、恋愛を求める人、不倫を希望する人などが出会える場所としてそれぞれの欲望、目的で利用するようになりました。 援助交際という呼び方はマスコミが世間に広めたようなものでしょう。 そして、若者にとってやってはいけないことほど魅力のある行為に映ることは否めません。 もしかすると、援助交際という言葉を知らなければ、援助交際をすることのなかった女子高生もいたかもしれませんね。 援助交際でお小遣い稼ぎができる。セックスはお金になると知った素人の女性と、プロにお金を払ってセックスしてもらわなくても出会い系サイトを利用すれば素人の女性とセックスができると知った男性が出会えば、援助交際は成立です。 1999年代には児童買春・児童ポルノ処罰法が施工されました。これでどれだけの未成年者を守ることができるのか。 現在も、どこかで援助交際は行われています。

援助交際は減ってきているのか?

te援助交際というと、ちょっとカジュアルなイメージがありしてはいけないというよりかは、ファッション感覚で「援助交際」してみようかとか、しているとなってしまうのではないでしょうか。 援助交際は売春と変わりません。女性が自分の性を売ってお金をもらうというものです。 売春のことを援助交際と呼ぶようになってからそれほど年月はたっていませんが、売春自体は随分昔から有ることです。 世界にまで視野を広げれば、少女売春は当たり前のようにおこなわれているともいえます。ただし、日本に蔓延している援助交際とは違って貧困からくる売春がほとんどです。 中には自分の仕事に誇りを持って売春している人もいます。売春婦として生きていくのはそんなに楽なことではありません。遊ぶお金を稼ぐために、気軽に始める日本の援助交際と違って、生活がかかっているのです。 いろいろなお客を相手にするため危険も伴います。 危険に関しては、日本だからまだ安全なだけで悪い人と出会えばひどい目にあいます。 援助交際の問題点はまず第一に未成年者がやっている場合でしょう。まだ判断の良し悪しがうまくできない心を持っている年齢ですから、大人にそそのかされてどんどん悪い道に進んでしまうことも考えられます。 真面目に生きるだけが人生ではありませんが、援助交際もシステム的に行うようになると暴力団がからんでくることがあるので、裏の世界に足を踏み入れてしまうとなかなか普通の生活には戻れなくなってしまいます。 飽きたらから援助交際をもう辞めるというわけにはいかなくなるのです。 援助交際で得たお金の何割かはそちらに流れていくことにもなるでしょう。 悪循環を断ち切るのは難しいので、最初から足を突っ込まないほうがいいと思うのです。 それにしても、援助交際は一時期ほどやる人は少なくなったのかというとそうでもないのかもしれません。かつてマスコミが女子高生が援助交際をしていると注目した時は世間も関心がありました。マスコミが取り上げなくなっただけで、やっている人はやっているのだと思います。

家出サイトのタイプについて

家出サイトとインターネットで検索をしてみれば、かなり大量のサイトを見つけることができます。 それだけ多くのサイトが使われているということですが、そのすべてが信頼できるというものではありません。 いくつかのサイトを見てみただけでも、いろいろなことがわかってくるのではないかと思います。 例えばそのサイトの中でも大半は、普通の出会い系サイトへの誘導になっているということです。 家出掲示板、というものもインターネットの中にはありますが、そこを見てみてください。 その中には家出少女からのものと思われるような書き込みが、いくつかされていることもあります。 ですが、この書き込みに返信をするためには、サイトへの登録が必要、というシステムになっています。 家出をしている女性であれば、簡単に出会うことができるのではないか、と思っている男性は多数いるようです。 こういったタイプのサイトは、その男性の心理をうまくついて、引っ掛けようとしているのですね。 本当に家出少女が集まるようなサイトであれば、警察からの監視の目が強くなります。 そのため、もしそこから本当に女性と出会うことができたとしても、それは事件に発展する可能性が非常に高くなるのですね。 家出少女が使っているサイトは、携帯から気軽に使えるものが多いのだそうです。

家出っ娘達の動機

家出サイトでは、毎日お泊り先が募集されています。「家出人って、そんなにいるの・・・?」と思いがちですが、家出するかたがたの事情はさまざまです。 親と喧嘩して家を飛び出した10代少女。毎日深夜に遊び歩き、家に帰って怒られるのが嫌な20代大学生。はたまた、夫と喧嘩して家を飛び出した主婦などなど。本格的に路頭に迷っている家出から、ごく限定的な期間のみ泊まれる場所が欲しいプチ家出まで。理由はたくさんありますが、彼女たちの共通点は”今日、泊まれる場所が欲しい”とシンプルです。 家出サイトには、神さまと呼ばれる方々が「どうぞ家をご利用ください!」と募集を出しています。全く見知らぬ相手を気軽に泊めてくれる懐の深いかたがたが、たくさん集まっているのが家出サイトです。家出人たちのお礼報告は後を絶ちません。 ですが実際に利用する際は、少しばかり注意しましょう。「本当に泊めてくれるの? 助けてくれるの?」。中には条件を出している神さまもいますから、よくチェックしてください。 家出人に最良の道は、やはり自分の家に帰ることです。困ったときは家出サイトで助けてもらいつつ、できるだけ家に帰る努力をしてくださいね!

過去のお知らせ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー